ギャンブルシーンが登場するミュージックビデオ

現在、ギャンブルは世界各地で解禁されて来ており、日常的な光景になりつつある。そしてポピュラー音楽でも歌われている。ギャンブルをテーマにした曲が数多く登場し、ギャンブルの場面が多くのミュージックビデオ(MV)に登場してきた。

それでは早速、ギャンブルシーンが見られる著名アーティストの楽曲をご紹介しよう!

The Gambler – ケニー・ロジャース

1978年のヒット曲。当時、アーティスト本人がカメラの前で演技する映像もいくつかあったが、全編で演技することは稀だった。ケニーがギャンブルテーブルに座って歌う姿を見ることができる。

You’re Makin’ Me High – トニー・ブラクストン

18年前にリリースされた曲。ギャンブルの直接的なシーンはないが、女性たちが大きなトランプで格付けをしている。部屋に登場する男性の採点にカードが使われるのだ。ギャンブルがテーマの典型的な楽曲と言えるだろう。と言っても危険なものではなく、明るい内容となっている。

Live Your Life – T.I. featuringリアーナ

ヒップホップやトリップホップのMVには、しばしばギャンブルの場面が登場する。T.I.のビデオではそれが美しく描かれている。友人とギャンブルに興じるが、最後には悲劇的な結末が待っている…。

Out of Touch – ユナイティング・ネイションズ

ホール・アンド・オーツのヒット曲のカバー。往年の名曲をアレンジし、魅力的な映像に仕上げている。全編を通じて4人の女性と1人の男性がポーカーをする内容だが、普通のポーカーとはちょっと違う。映像自体にストーリー性があり、思いがけないかたちで最後を迎える。とても楽しい映像で、クライマックスにかけて盛り上がりを見せる。

Waking Up in Vegas – ケイティ・ペリー

カジノの場面やポーカーの試合、競馬などは長い間、世界中で大衆文化の一部となっており、多くの映画のほか、チャールズ・ブコウスキーやディック・フランシスの小説などにも登場する。このミュージックビデオには、にぎやかできらびやかなカジノの様子がたっぷり詰まっている。コミカルな要素もあって、楽しい仕上がりである。

The Ace of Spades – モーターヘッド

「Ace of Spades」で聴けるレミーのハスキーボイスは特徴的だ。ヘビーメタルやロックのファンならずとも、すぐにそれと分かる。曲の中では悪魔がダンサーとしてテーブルに登場し、ロックンロールがそのイメージを喚起する。曲は最高だが、ポーカーの最中に聴くとテンションが上がりすぎるかもしれない(笑)。

The Gambler – ケニー・ロジャース

ケニー・ロジャースの1978年の曲。歌詞の主人公は1人のギャンブラーと出会い、様々な学びを得る。ギャンブルものとしては最も有名な曲。ベテランのギャンブラーは豊富な知識を持っており、色々教えてくれるものなのだろう…。

Poker Face – レディ・ガガ

自分の「カード」を隠しながら相手をよく観察することを歌ったラブソング。カジノで遊ぶ際にぴったりな曲であり、友人とポーカーする際にもプレイリストに入れておきたいおすすめの一曲。

guest
0 コメント
Inline Feedbacks
View all comments
0
ご意見をお聞かせください。x
()
x